嵐活動休止のニュースが日本中を駆け巡っています。

 

外を歩いていて「もう嵐!マジ嵐!」とつぶやいている女子高生なんかを見かけました。

 

嵐の活動休止は2020年12月31日をもって。

 

2019年1月27日に緊急会見が行われました。

 

今回は、嵐の緊急会見の内容や今後の活動についても話されたようなので、まとめていきます。

 

Sponsored Link

 

嵐の活動休止について

嵐の活動休止についてはまず嵐のファンクラブサイトで発表がありました。

 

この時点ですでに日本中に嵐活動休止のニュースが飛び回りました。

 

本当に驚きですよね。

 

ツイッターのトレンドもすぐに嵐やジャニーズ関連の言葉で塗りつくされました。

 

それから20時から緊急の記者会見が開かれました。

 

その中でのメンバーそれぞれが語った内容をまとめていきます。

 

 

大野智コメント

2020年12月31日をもって嵐の活動を休止することを改めて発表。

 

2017年6月中旬ごろにメンバーに自分の思いを話した。

 

自分の嵐としての活動をいったん終えたい。

 

その後何度も話し合った結果2020年をもって嵐を休止するという形になった。

 

メンバーと何度も話し合った後に、2018年2月に事務所に報告。

 

さらに話し合いを重ね最終決断は2018年6月。

 

自由な生活がしてみたいとはどういうことかと尋ねられると、

 

「具体的に何がしたいのかは、僕の中では決まっていることではない」

 

「芸能界を一度離れてみて見たことのない景色を見てみたい」

 

「普通の生活というのは、今までこの世界に入って、経験していないなあという思いもあり、そういうことに興味があったということです。」

 

「具体的な何がやりたいということがあったわけではない」

 

ということでした。

 

「活動を終えたい」と思った時に事務所を辞めなくてはけじめというものが自分の中でつかないと思っていたが、メンバーや事務所からお休みということでいいんじゃないかと話し合いのもとそういう形になった。

 

所属は所属ではあるけど、ゆっくり休んで考えたいなと思っているそうです。

 

今回活動を終えると思ったきっかけというのは正直なくて、だいたい3年前ぐらいからそういう気持ち、思いが芽生えて、それがだんだん強くなってきた。

 

2021年の芸能活動はお休み、しばらく仕事はしないということです。

 

再開は具体的なことは考えていない。

 

2020年まで嵐として駆け抜けてから考える。

 

嵐は解散ではなく休止。

 

そこを強調されていました。

 

Sponsored Link

 

二宮和也コメント


衝撃でした。

 

考えていなかった。

 

言われて驚いたんですけど、それでいろいろ話し合いを進める中でずっと僕らが言ってきたことは4人でも6人でも嵐ではない。

 

と、我々が思っているし、自分たちの嵐という世界の中での価値の基準の中で闘っていたグループなので5人じゃなきゃ嵐じゃないだろうと。

 

5人じゃなきゃ100%のパフォーマンスはできないだろうという中で、リーダーの思いを尊重する形で結論にいたった。

 

というのが僕の個人的な目線ですがみんなで話しあっていく中での決め方ですね。

 

 

櫻井翔コメント


驚きました。

 

前の日に友だちと焼き肉を食べていたんですけど、グループメールに大野から「話がしたい」と連絡があったわけですよ。

 

これだけ長いこと一緒にいる我々ですから大野が「話をしたい」とその後の内容を聞いた時に「あ、これはもしかしたら相談というニュアンスよりはある程度意思の固まっているところなんだろうな」という風に僕は個人的に解釈した。

 

最初はものすごく驚きましたけど誰か一人の思いで「嵐の将来を決めるのは難しいだろうな」という思いがあるのと同時に、他の何人かの思いで1人の人生を縛ることもできないと思います。

 

なぜなら我々は中学生のころに出会って23~24年、一緒にいる大切な仲間ですから、どれだけ時間がかかっても、というかむしろどれだけ時間をかけても全員が納得する形の着地点を探していかなきゃならない。

 

これは僕の役割だろうとその瞬間思いました。

 

Sponsored Link

 

松本潤コメント


僕は常々グループ活動というのを続けることはメンバーの強い意志があって初めてグループっていうのは続けられるものだ。

 

と、ずっと思っていたので僕らは10周年の時にたくさんの方に祝っていただいたり、国立競技場でライブやらせていただいたりとか、また15周年の時はデビューしたハワイに連れて行ってもらってハワイでいろんな人にお祝いしてもらったりだとか本当に素晴らしい景色をたくさん見せていただきました。

 

その中で自分たちがいろんなことを経験させていただく中で「次に何やろう」ってみんなで話しあって進めてきたんですけど、その中で大変だと思うことも正直ありました。

 

そんな中で自分たちがいい形であるうちにグループをしめるっていうことを実際考えたこともあったし、その話をメンバーにしたこともありました。

 

具体的な時期をこの時期にしたいとかそういうことはなかったですけど、一番最初にリーダーに呼ばれて話を聞いた時に僕は驚きはしませんでしたね。

 

みんなで話し合う中でそれぞれの思いもありますし、これからのことを考えたときにこのタイミング2020年で区切りをつけるというのがベストな形なんじゃないかと僕は判断しました。

 

 

相葉雅紀コメント


初めてリーダーから聞いた時はひっくり返りましたね。

 

「まさかっ!」と。

 

こういう生活が当たり前だと一回も思ったことはないですけど、まさかこんなにこう現実で突き付けられた時は最初は準備がいりましたし、どうにかリーダーと2人でお話しする中で、どうにか嵐を続けていける方法はないのかなということもリーダーに相談したりもしました。

 

でも、リーダーとみんなと何回も話し合いを続けていく中で、ちょっとでも同じ方向を向いていないリーダーをずっと付き合わせるのは違うな。

 

と思いましたし、やっぱりそこで1人欠けてしまっては、2人欠けてしまっては、やっぱり嵐としては難しい。

 

と思ったので、それこそリーダーの意見というのを納得してそっちの方向で進めていこうということになりました。

 

Sponsored Link

 

緊急会見に対するネットの反応は?

 

 

 

 

 

 

 

今回の会見を見て、嵐のよさを改めて実感したという方が多かったです。

 

たしかにに悲観的なものではなく前向き形の会見でしたね。

 

 

まとめ

「最終的に期限というか20年いっぱいまでと決まった時に、メンバーの気持ちがまとまった時に「最後まで笑っていよう」と言われたときはやばかったですね。

 

申し訳ない気持ちももちろんある中で、なんて人たちだろうというか、嵐でよかったって。

 

言葉にならないです」

 

目を潤ませて話す大野さん。

 

これはこちらも自然とうるっと来ますよね。

 

なんていいグループなんだろう。

 

2020年で解散した後は、大野さんは活動休止とのこと。

 

活動休止期間も全然決まっていないということなので、本当にいつもどってくるかは分かりません。

 

ただ、「解散ではなく休止」。

 

これはグループ全員が力強く言っていることなので、いつかきっと5人が戻ってくると思います。

 

その日をまた待ちましょう。

 

関連記事はこちら。

⇒ 嵐の活動休止理由の真相は?大野智から解散持ち掛け!ネットの反応は?

⇒ 嵐無責任の発言記者は誰?顔画像は?櫻井翔と二宮和也に賞賛の声!

⇒ 嵐を無責任と発言した記者はスポニチクワバラ記者!鈴木孝記者はデマ!

Sponsored Link