2018年12月14日公開の映画「ドラゴンボール超ブロリー」を見てきました。

 

これが本当に最高でした。

 

戦闘シーンがかなり熱い。

 

 

予告動画を見るだけでもかなり面白そうだと思いませんか?

 

これを見たらもう見るしかない!となっていました。

 

話の8割くらい戦闘シーンだったと思いますが終始熱い戦いでした。

 

今回は「ドラゴンボール超ブロリー」の感想をネタバレも含めて書いていきます。

 

まだ見ていない方、ネタバレが嫌な方はここから先は見ないようにしてくださいね。

 

Sponsored Link

 

ドラゴンボール超ブロリーのネタバレあらすじは?

「力の大会」後の平和な地球。

宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいるとわかった悟空は、

更なる高みを目指して修行に明け暮れていた。

そんなある日、悟空とベジータの前に現れたのは、

見たことがないサイヤ人”ブロリー”。

惑星ベジータ消滅とともにほぼ全滅したはずの”サイヤ人”がなぜ地球に?

再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、

全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な戦いへー。

引用:公式サイト

 

これまで映画に何度も登場していたブロリー。

 

 

今回の映画は以前の映画とは設定が少しずつ変わっています。

 

というかこれまでの映画とは別の世界といった形で、ブロリーは初登場だし、ゴジータにも初めてなるというものでした。

 

どういった部分が変わっていたかも気づいた範囲で触れていきます。

 

 

41年前の惑星ベジータ

惑星ベジータ

はじまりは41年前の惑星ベジータから。

 

惑星ベジータにてフリーザの父親コルド王とサイヤ人の王・ベジータ王との確執が描かれます。

 

コルド王の圧倒的な戦闘力により支配されているベジータ王はただ従うばかり。

 

ちょいちょい出てきてはポーズを決めるギニュー特戦隊が面白かったです。

 

子ども時代のフリーザが登場し、コルド王以上の圧倒的な力を見せつけられます。

 

そんな時に生まれた息子のベジータの天才的な潜在能力に、きっとフリーザを倒してくれると期待しています。

 

ベジータと同時期に誕生したブロリーがベジータ以上の高い潜在能力をもっていることに脅威を覚え、辺境の惑星へブロリーを飛ばすことに。

 

ブロリーのパラガスはブロリーを追って惑星バンパへブロリー救出に向かいます。

 

この出来事からパラガスはベジータ王とベジータへの復讐を誓うようになります。

 

ここも以前の映画と違いますね。

 

ブロリーは悟空と同じ日に生まれ、保育器が隣同士で、悟空の空き声に驚かされて泣いていたため悟空に対して強い憎しみを持っていたという設定がまるごとなくなっていました。

 

Sponsored Link

 

悟空の父親・バーダック

そこから5年後。

 

悟空の両親のバーダックとギネについても語られます。

 

「銀河パトロールジャコ」の単行本おまけマンガとして書かれた惑星ベジータ消滅の1か月前を描いた「DORAGONBALL-放たれた運命の子供」でのストーリーを踏襲していました。

 

悟空を初めて見たときに戦闘力がたったの2と知り、「クズが」と言っていたアニメ版とはかなり違いますね。

 

放たれた運命の子供

 

他の惑星を攻めていたバーダックを含むサイヤ人全員がフリーザから緊急招集を受けて、惑星ベジータへ戻ってきます。

 

何のために召集されたのかみんなが疑問に思っている中、ただ一人フリーザの企みを予感し、悟空を惑星ベジータから脱出させます。

 

悟空脱出

 

このあたりは、原作と違う感じです。

 

悟空が戦闘服を着てますしね。

 

バーダックとギネはすごいいいお父さん、お母さんという感じです。

 

惑星ベジータが滅ぼされなかったら、この2人のもとで成長していたら今と同じような温厚な性格になっていたんじゃないかなと思わせられます。

 

この後、バーダックの予感のとおりフリーザによって惑星ベジータは滅ぼされるのです。

 

フリーザベジータを滅ぼす

 

フリーザの攻撃に対し、バーダックがただ一人立ち向かいエネルギー弾を放ちますが、はじき返されそのまま命を奪われてしまいます。

 

あんなに優しいバーダックとギネが命を奪われてしまうこのシーンだけでも少し泣ける。

 

惑星ベジータ崩壊の知らせを受ける幼少期のベジータ。

 

ラディッツやナッパも登場します。

 

ベジータとラディッツはただ小さくしただけですが、ナッパは髪が生えていてぱっと見誰か分かりませんでした(笑)

 

 

現在へ

一気に時は過ぎ、現在。

 

ビルスとウィスのもとで修業をする悟空とベジータ。

 

そこへ、ブルマが集めていた6個のドラゴンボールが盗まれたとトランクスから連絡がはいります。

 

盗んだ犯人はフリーザ軍。

 

ドラゴンボールをブルマとフリーザが集める理由がそれぞれ語られるのですが、それがなんとも・・・

 

ブルマ「5歳分若返りたい」

 

フリーザ「身長を5cm伸ばしたい」

 

うん、そんな理由でドラゴンボールを使うのはやめていただきたい(笑)

 

Sponsored Link

 

ブロリーとの熱すぎるバトルシーン

ドラゴンボールをめぐっての戦いにブロリーがフリーザ軍として投入されます。

 

ここからのバトルが本当に熱い。

 

この映画の大きな見どころで、かなりの時間が使われていました。

 

それなのに飽きることなく最後まで見ることができています。

 

最初の段階では超サイヤ人になれないブロリーですが、映画版では幼少期から超サイヤ人になれていたのでここも設定が変わっていますね。

 

ベジータを憎むパラガスの命令のまま、ベジータへ攻撃を仕掛けます。

 

ここではブロリーはそこまで強いという感じではなかったのですが、ベジータと戦ううちにその潜在能力を存分に発揮していきます。

 

ベジータと戦いながらぐんぐん成長していき、なんと超サイヤ人、超サイヤ人ゴッドにもついていくようになります。

 

この状態ではまだ普通の状態でしたが、ここでブロリーが怒りの状態へとうつります。

 

怒りのブロリー

 

この状態は、大猿に変身しなくてもその力が使える状態だそうで、大幅にパワーアップします。

 

ただ、この状態だと自分の制御がきかず、暴走状態とのこと。

 

ドラゴンボールGTの超サイヤ人4を思い出しますね。

 

超サイヤ人4と同じくらいの強さなのか?

 

ここでようやく悟空の登場。

 

ここまで珍しく何も言うことなく悟空がお預け状態でした。

 

もっと自分にもやらせろよー的な感じですよね。

 

悟空も通常の状態から始まり、超サイヤ人、超サイヤ人ゴッド、超サイヤ人ブルーへと変化していきます。

 

互角に渡り合う悟空とブロリーはやっぱり強い。

 

途中でブロリーの視点で戦闘を見るシーンがあったのですが、これが新鮮でした。

 

少しの間でしたが面白かったです。

 

 

ブロリーが超サイヤ人へ覚醒

ここでフリーザの画策。

 

悟空がクリリンを殺されたことにより超サイヤ人になったことを思い出し、なんとパラガスをあっさり殺しちゃいます。

 

パラガスが死んだことをブロリーに告げるとフリーザの思惑どおりブロリーが超サイヤ人へ。

 

パラガスのいいように育てられていたとはいっても、ここまでずっと一緒に過ごしていた父親。

 

悪い奴じゃないと悟空に言われたようにブロリーは基本は優しい性格なので、その父親を殺されたとしって超サイヤ人になる引き金となったのですね。

 

この部分も映画と違って、旧作ではパラガスはブロリー自身の手で殺していました。

 

これまでもてこずっていたブロリーが超サイヤ人に変身したことでもう手が付けられません。

 

ベジータの遊んでいる暇はないのセリフのとおり、悟空とベジータの2人がかりで戦います。

 

2人必殺技

 

ここ!

 

ここが私的には一番熱いシーンでした!

 

ベジータ「ギャリック砲」

 

悟空「かめはめ波」

 

2人同時に必殺技を放つシーンです。

 

結局これでも倒せないんですけどね。

 

Sponsored Link

 

フュージョンのシーンの作画が微妙?

ピッコロ

圧倒的な強さのブロリーから瞬間移動でピッコロのもとへ避難。

 

開口一番「仙豆持ってる?」。

 

残念ながらピッコロは仙豆を持っていませんでしたが、やっぱり仙豆は重要なアイテムですよね。

 

昔ヤジロベーがたらふく食べていなかったらどれだけ楽に戦えていたか。

 

ヤジロベーはドラゴンボール史上最大の戦犯ですね(笑)

 

ピッコロのもとへ悟空がやってきたのは「フュージョン」の練習をするため。

 

ピッコロに練習を見てもらっていましたが、正直ピッコロでなくてもよかったんじゃ。

 

デンデのところへ行って回復してもらいながら練習してもよかったと思うのだけどどうでしょうか。

 

このフュージョンのシーンなんですが、かなり作画が怪しかったのが気になってしょうがなかったです。

 

顔も体型も指の形とか全体的におかしかったです。

 

万策尽きてやっつけ感がにじみ出ていました。

 

全体的に作画がよかったのでここは非常に気になりました。

 

あなたはどう思われましたか?

 

何度かの失敗を経て、フュージョンが成功しゴジータへ。

 

 

公式で出された上の動画が公開前で完全なネタバレでしたね・・・

 

前の映画と違って、通常モードが初登場でした。

 

変身後の自分で名前をいうところも違いますね。

 

「俺は悟空でもベジータでもない、俺は貴様を倒すものだ」

 

このセリフがかなりしびれるセリフだったのでそこはちょっと残念だったかな。

 

超サイヤ人ブルーで勝てないとみるや悟空はすぐにベジータにフュージョンを持ち掛けます。

 

ここで気になったのは、「身勝手の極意は?」というもの。

 

それでも勝てないと思ったのか、ただ単に使えなかったのか。

 

話題にすら出なかったので気になりました。

 

もし、身勝手の極意でも勝てないと超サイヤ人ブロリーの強さが相当なものだと分かりますね。

 

Sponsored Link

 

ボコボコにやられるフリーザ

金フリーザ

 

悟空たちがピッコロのもとへ行く直前、フリーザの前を通過したブロリーがフリーザを攻撃し始めました。

 

暴走しているので誰が敵とか判別がついていないようです。

 

最終形態のフリーザでしたが、超サイヤ人ブルーの2人でもかなわないのでもちろんフリーザもかないません。

 

ゴールデンフリーザに変身しましたが、 それでもかなわないというね。

 

悟空たちがフュージョンで失敗するたびに30分のロスがありますが、2回も失敗。

 

計1時間は自分で蒔いた種により、ボコボコにされるシーンが続きます。

 

もうなんというか自業自得(笑)

 

途中からウィスがブロリーと戦っていましたが、さすがのウィスさんはひょいひょいとブロリーの攻撃を受け流しています。

 

前の映画ではブロリーに対して圧倒的絶望感を味わったものですが、今回それがなかったのはこの人の存在もあると思います。

 

悟空たちがやられたとしても復活のFの時のようにウィスさんが時間を巻き戻してくれるかもしれないですもんね。

 

なんでもありのこの人がいたらどうにでもなる気がする。

 

ドラゴンボール超の映画は今回で3作目ですが、前2作に比べればそれでも緊迫感は増しています。

 

 

ゴジータとブロリーの最終決戦

超サイヤ人ブロリーのもとへゴジータが戻ってきます。

 

通常モードから超サイヤ人へと変身、さらには超サイヤ人ブルーに変身します。

 

ゴジータでも超サイヤ人ではちょっときつくてブルーになってようやく圧倒し始めました。

 

ブロリーがこれまでの最強の敵であることが分かります。

 

これまでの敵なら何回死んでもおかしくないくらいの攻撃を受け続けていました。

 

途中でばかすか地球にエネルギー弾を撃ち込んでいたのですが、よく地球壊れないなと思うんですよ。

 

一回あれが地球に打ち込まれてたら・・・みたいなところがあるのですが、エネルギー弾の程度が分からない。

 

特に超サイヤ人ブルーになったゴジータのエネルギー弾とかどんなに小さなものでもあっさり地球を破壊するくらいの威力はありそうですよね。

 

そんなにセーブして戦ってるのか、と。

 

ドラゴンボールを通しての疑問です。

 

最終決着は超サイヤ人ブルーのゴジータがかめはめ波をブロリーに打ち込むところで決着です。

 

ですが、このかめはめ波はブロリーには当たりません。

 

水樹奈々さん演じる新キャラのチライがドラゴンボールにブロリーを元の星に返してという願い、かめはめ波に当たる瞬間にブロリーを瞬間移動させたのです。

 

最後は肩透かしを食らった感じはしましたがかなり満足のいくバトルでした。

 

 

その後

チライとレモの2人とともにもといた惑星で生活を始めるブロリー。

 

この新キャラのじいさんのレモの声優が杉田智和さんというのはクレジットを見るまで分かりませんでした。

 

こんな声も出来たんですね。

 

話を戻して、この惑星にひょっこり悟空が瞬間移動で現れます。

 

生活物資をブロリーに渡しにきたそうですが、目的はたまにブロリーと戦いたいからというもの。

 

「教えたいこともあるし」というセリフもこのとき言います。

 

ばっちり続編ができるような言い方ですね。

 

悟空が教えたいことというのは超サイヤ人の先のことでしょう。

 

今回の戦いでは通常の超サイヤ人だったので、ここからさらに超サイヤ人ゴッド、ブルーについて教えようとしているのかな。

 

もう手が付けられなくなりそうですが、悟空はただ強い奴と戦いたいだけですもんね。

 

これまでの映画と違ってブロリーの性格はかなり善良なので、悟空と一緒に共闘する作品が今後出てくるかもしれません。

 

というか期待しています。

 

 

まとめ

今回の映画はこれまでのドラゴンボールの中でもかなり面白い作品です。

 

特にバトルシーンの迫力があって映画館で見ることを本当におすすめします。

 

もし、この映画を見ていなくてこの記事を読んでいるならぜひ行ってみてください。

 

あのバトルシーンは映画館で見るだけの価値が十分あります。

 

本当に最高でした。

Sponsored Link