2018-2019年のフィギュアスケート女子選手。

 

女子選手の中でも注目を浴びているのは、紀平梨花(きひらりか)選手ではないでしょうか?

 

2016年のジュニアグランプリシリーズで、国際スケート連盟公認試合では女子史上7人目となるトリプルアクセル(3回転半)ジャンプに成功していますからね

 

2018年にシニアデビューし、シニア初戦で優勝までしています。

 

次にのぞむのは、11月9日開幕のフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯でのGPデビュー戦です。

 

出場は16時37分~44分の予定。

 

仕事をしているとなかなか見れない時間帯で残念ですね。

 

前日練習が8日行われましたが、午前練習では紀平選手の代名詞のトリプルアクセルに6本、午後の練習では8本、計14本も成功しています。

 

ショートプログラムの曲をかけた練習では、トリプルアクセル、フリップートーループの連続3回転、3回転ルッツとジャンプをノーミスでこなしたとのこと。

 

調子がよさそうなので期待がもてます。

 

もし、今回のGPデビュー戦で優勝すれば日本勢初のGPデビュー戦での優勝となります。

 

これまでの日本勢では、紀平選手と同じくトリプルアクセルが代名詞の浅田真央選手の2位が最高です。

 

この点でも注目したいですね。

 

そして、一番重要なのがかわいい(笑)

 

今回は、この大注目の紀平選手とはどんな人か、コーチは誰か、紀平選手を支えるご両親について紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

紀平梨花さんとはどんな人?

まずは紀平梨花さんのプロフィールを紹介します。

 

紀平梨花(きひらりか)

生年月日:2002年7月21日(16歳)

出生地:兵庫県西宮氏

身長:154cm

所属クラブ:関西大学KFSC

 

紀平選手の驚くところはなんといっても、トリプルアクセルを含む6種類の3回転ジャンプを飛ぶことができることです。

 

初めて公式戦でトリプルアクセルに成功したのは、2年前の2016年9月に行われたISUジュニアグランプリリュブリャナ杯。

 

フリー演技で女子では史上7人目となる3回転アクセルに成功、同時に女子史上初となる6種類8個の3回転ジャンプに成功し優勝を果たしています(なんと当時中学2年生)。

 

史上何人目とか史上初という言葉のオンパレード。

 

よく知らない人でもこの人すごい、と思わせることができますね。

 

3回転アクセル-3回転トウループのコンビネーションジャンプを女子選手として、世界で初めて公式戦で成功させたことでも話題になりましたね。

 

さらに驚くことに、練習では4回転トウループや4回転サルコウにも成功しているのだそう。

 

もし公式戦で4回転ジャンプが成功すれば、安藤美姫さん以来となります。

 

紀平選手のジャンプには日本だけでなく世界の舞台でも通用しそうで今後が本当に楽しみですね。

 

 

コーチは誰?

ここまですごい紀平選手。

 

本人のセンスや努力のたまものでしょうが、コーチの力も大きいでしょう。

 

では、紀平選手のコーチはどういった方なのでしょうか?

 

紀平選手のコーチをしているのは濱田美栄さん

 

濱田美栄さんはフィギュアスケーターとして活躍していましたが、同志社大学卒業とともに引退。

 

コーチへ転身し、現在は京都醍醐FSC、関西大学アイスアリーナでコーチをされています。

 

教え子としては、2015年世界選手権銀メダリストの宮原知子さんや2004年四大陸選手権優勝の太田希奈さんなど、成果を出した選手を育ててこられました。

 

選手の個性を大切にして指導されている濱田コーチは厳しい指導でも有名。

 

ここは、コーチ自身も「厳しいですよ、いつも」と言うくらいです。

 

コーチが厳しいことを言うのは、もちろん教え子たちの成長を願ってのことで、ちゃんと教え子もそれを分かっているからコーチのもとに集まってくるんですね。

 

スケートを教えるのが何よりも好き、というのが決してブレない濱田さんの軸であり、何よりの原動力であるということです。

 

この厳しくもあり、愛情のある指導が紀平選手の成長にもつながったんですね。

 

 

Sponsored Link

紀平梨花さんを支えた両親

紀平さんはなんでもやりたがる性格で、両親はなんでもやらせていたといいます。

 

ピアノ、バレエ、体操とスケート以外にも色々なことをやっていたそうです。

 

その中でも一番のめりこんだのがスケート。

 

先ほどの濱田美栄コーチについても情報を集めたのはお父さんだったそうです。

 

普通のサラリーマンとのことでしたが、大会ごとに情報を集めて探し当てたというからすごいですよね。

 

驚くエピソードもいくつかあって2つ紹介します。

 

1つ目がお母さんのお話。

 

もともと正社員で勤めていたのを娘のレッスンの送迎のために、会社を辞め、時間の融通が利くデパートの販売員に転職しました。

 

仕事を辞めてまで娘のために、というのがお母さんのすごいところです。

 

娘第一でとてもよいお母さんですね。

 

2つ目が引っ越しのお話。

 

なんと、紀平さんが中学に入った時に、自宅から学校の距離が遠くなったことから、一軒家を売却し、通学と練習リンクに通いやすいところに引っ越したのです。

 

娘のためといっても、さすがにここまでできる親はなかなかいないのではないでしょうか?

 

お父さんは引っ越しのため会社から遠くなってしまったそうです。

 

この2つの出来事からご両親の自分たちの都合はまったく考えてなく、娘のやりたいことが第一という姿勢がうかがえます。

 

それにしても、仕事をやめたり、家を売ってしまうというご両親の行動力も相当なものですね。

 

紀平さんの活躍もそんなご両親の影響が大きそうです。

 

 

インスタ画像まとめ

紀平選手のインスタ画像をまとめてみました。

 

 

View this post on Instagram

 

#dreamsonice2018 #DOI

Rika Kihira 紀平梨花さん(@rikaskate0721)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

#rikakihira #紀平梨花

Rika Kihira 紀平梨花さん(@rikaskate0721)がシェアした投稿 –


ほんとかわいいですよね~。

 

年相応のかわいさというか見ててほほえましい。

 

試合の衣装もきれいですが、普段着や浴衣姿もかわいいです。

 

見た目だけではトリプルアクセルとか飛んでいくのが予想がつかないですよね。

 

 

まとめ

紀平梨花さんはトリプルアクセルが代名詞の期待のフィギュアスケーター。

 

厳しいけど愛情のある濱田コーチややりたいことを全力でサポートしてくれたご両親のためにもどんどん活躍していって欲しいですね。

 

これからも紀平梨花選手の第一線での活躍を応援しています。

 

まずはグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯でのGPデビュー戦。

 

記者会見では、「今回の大会では完璧に演技をして、トリプルアクセルも決められたらと思います!」と紀平選手。

 

一緒に応援しましょう!

Sponsored Link