名古屋駅前のシンボル的存在のナナちゃん人形。

 

待ち合わせをするときの目印として使われることも多いですよね。

 

いろいろな衣装を着ていることでも有名なナナちゃんですが、現在名駅からいなくなる可能性が浮上しているとのこと。

 

ナナちゃんがいなくなるってどういうこと?

 

というかなんでなくす必要があるか分からない。

 

数少ない名古屋の観光地?というかシンボルだから残した方がいいと思うんだけどどうでしょうか。

 

今回は、ナナちゃんの存続が危ぶまれている理由と現在の衣装、これまでの衣装で印象に残っているものを紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

ナナちゃん人形の由来は?

名鉄ヤング館の前にたたずむ巨大なマネキン人形がナナちゃんです。

 

このあたりを通ったら目に入らないことはないってくらい大きいです。

 

このナナちゃんが設置されたのは、1973年「セブン館」の1周年を記念してのこと。

 

名前の由来は、現在のメンズ館の旧名称であるこのセブン館の「7」からナナちゃんという名前が付けられました。

 

プロフィールは、1973年4月28日生まれ、身長610cm、体重600kg。

 

身長6mです。

 

これだけでどれくらいの大きさかなんとなく想像つきませんか?

 

見たことがない人は一度は見ておいて損はないと思いますよ。

 

季節によっていろいろな服に着替え、各種イベントに合わせた広告塔といったこともします。

 

これもナナちゃん人形を見る一つの楽しみです。

 

何もない時は服を着ていないときもあります。

 

 

 

こちらの安藤正基さんのツイートの「八十亀ちゃんかんさつにっき」でナナちゃん人形へのマナーについての部分があったので、載せておきます。

 

ナナちゃん人形について分かりやすく表現されています(笑)

 

 

Sponsored Link

 

ナナちゃん人形存続危機の理由は?

名古屋駅のシンボル的な存在「ナナちゃん人形」。そのナナちゃん、名古屋駅再開発計画が練られている今、存続がわからないという状況だといいます。一体どういうことなのでしょうか。

名古屋市中村区の名鉄百貨店本店メンズ館前で、名古屋駅周辺のシンボル的な存在となっている「ナナちゃん人形」。

百貨店の広報部員として活躍するナナちゃんですが、“将来”について勤め先から衝撃のコメントが。

「ナナちゃんですね、エリアの再開発計画が練られている中で現状では、(将来が)分からない状況でございます」(名鉄百貨店 広報担当 尾崎裕さん)

なんと今後、ナナちゃんが働き続けることができるのか“分からない”というのです。

4年後に着工が予定されている名古屋駅前の再開発。名鉄が施設の建て替えを検討する中、ナナちゃんの居場所が、現時点では決まっていないというのです。

引用:名古屋駅前のシンボル「ナナちゃん人形」が消える可能性、再開発計画で存続未定

 

 

報道の詳細は以上のとおりで、4年後に着工が予定されている名古屋駅前の再開発が原因。

 

その再開発でナナちゃん人形の居場所が、現時点では決まっていないということなんですね。

 

場所が決まっていないというだけで撤去はさすがにないと思います。

 

ない・・・よね?

 

私の望みとしては、撤去しないのは当たり前として、場所を移動するにしても現在の位置からそれほど離れた場所に移動しないで欲しい。

 

場所がないならいっそのこと金時計の前とかでもいいよ。

 

 

ナナちゃん人形の現在の衣装は?

ナナちゃん人形の今の衣装はなんとアイドルの衣装(2018年11月28日~)。

 

アイドルマスターシンデレラガールズ安部”ナナちゃん“がモデルだそうです。

 

 

 

いつもと違ってかわいらしい衣装を着ていますね。

 

ここまでかわいらしい衣装は始めて見ました。

 

ナナちゃん何を着ても似合う。

 

衣装の期間ですが、過去を見ると1~2週で変更になっているようなのでもし見たい方は早めに行っておいた方がいいですよ。

 

Sponsored Link

 

ナナちゃん人形の過去の衣装は?

チューバッカ

 

映画「ハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリー」公開記念の2018年6月の衣装で、ナナちゃんがチューバッカに変装しています。

 

これが一番の衝撃でした。

 

もはや変装というレベルを超えています。

 

なんでもありなんですね。

 

 

なごやんナナちゃん

 

こちらは名古屋のお菓子で有名な「なごやん」の発売60周年記念のプロモーションでこの衣装になっています。

 

2018年3月の時の衣装です。

 

なごやんが生まれた時代を想起させる60年代レトロファッションに身を包んでいます。

 

そういえば、10年以上名古屋に住んでいるけどなごやんって食べたことないや。

 

スーパーやコンビニでよく見かけるけどおいしいのかな。

 

 

クリアランシュー

 

クリアランシューということで大コーフンナナちゃんです。

 

10分に1回鼻息をシューっとします。

 

2016年の夏のクリアランスの時の衣装です。

 

お金かけてますよね。

 

 

 

びっくりナナちゃん

 

2014年6月の衣装「めっちゃビックリアランス!ナナちゃん」

 

やばいのがアゴが地面を突き抜けて地下一階のヤマダ電機の床まで伸びていること。

 

これは初めて見たときは笑いました。

 

細かいところまでこだわっているのがいいですよね。

 

 

まとめ

ナナちゃん人形存続の危機とは、4年後に着工される名古屋駅の再開発が原因でした。

 

まだ場所がどこになるかが決まっていないだけなので、存続を望まれるナナちゃん人形を撤去するということは考えにくいですが、どうなるでしょうか。

 

撤去なんて考えないでぜひ今の場所から近いところに残しておいて欲しいですね。

Sponsored Link