ポケットベル(ポケベル)のサービスを終了することが発表されました。

 

現在国内で唯一サービスを続けていた東京テレメッセージが発表。

 

50年の歴史のあるポケベルが幕を閉じます。

 

 

 

というかポケベルってまだサービス続いていたんですね。

 

その方が驚きでした。

 

といってもそもそもポケベル自体知らない人が多いのではないでしょうか?

 

存在を知っていてもポケベルの実物を見たことがある人は少ないでしょう。

 

私は父親がポケベルを持っていたので、持っているのが羨ましかったのを覚えています。

 

今回はこのポケベルとはどういったものか、現在の状況についてまとめていきます。

 

Sponsored Link

ポケットベル(ポケベル)とは?サービス終了はいつ?

ポケットに入る小型の無線受診端末です。

 

液晶画面に数字列や簡単な文字列などを表示でき、普通の電話機から呼び出してメッセージ文を送れます。

 

昭和43年の当初はポケベルに電話をかけると音が鳴って呼び出すだけ。

 

昭和60年代に入ると、ポケベルに数字を送信して表示できるようになりました。

 

例を挙げてみますが、分かるでしょうか?

 

  1. 194
  2. 0833
  3. 5963
  4. 999
  5. 1056194

 

どうでしょうか?

 

私はほとんど分かりませんでした(笑)

 

答えはこちら。

 

  1. 行くよ
  2. おやすみ
  3. ご苦労さん
  4. サンキュー
  5. 今から行くよ

 

4まではなるほどでしたが、5については意味不明です(笑)

 

こういった語呂合わせ(?)でメッセージを送る使い方が女子高生など若い世代に広がりました。

 

どの時代でもこういったその時しか分からないメッセージや単語というのはあるものですね。

 

さらに、文字を表示する機能も加わったことで普及が進み社会現象とまでなりました。

 

文字を表示するときは、ボタンを押した回数で「あいうえお」が変わったりするのではなくポケベル打ちと呼ばれる方法。

 

ポケベル打ち

 

上のように「う」を打つなら、1→3の順に入力します。

 

なかなかややこしいですね。

 

最盛期の1996年には契約数は1061万件になりました。

 

そこから携帯電話やスマホの普及に伴い、利用者が減少していき2007年に全国規模で展開していた「NTTドコモ」がサービスを終了。

 

2017年に沖縄で事業を行っていた「沖縄テレメッセージ」がサービスを終了したことで、関東の一部を対象にした「東京テレメッセージ」が唯一の事業者となりました。

 

そして、今回2019年9月30日をもってサービスが完全終了することを東京テレメッセージが発表しました。

 

 

Sponsored Link

ポケベルの現在は?販売している?

まだサービス終了していなかったと驚いたところですが、現在の契約者数は1,500人くらいとのことです。

 

唯一の事業者である東京テレメッセージが一都三県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)にサービスを提供しています。

 

使用しているのは主に医療従事者の方。

 

電磁波が発生せず、建物の中でも受信しやすいというポケベルの特性を生かしているとのこと。

 

そういった特性があるといっても現在使用されているのが1,500人てことは、別にポケベルである必要はまったくないってことでしょうね。

 

実際、病院に行ってみると普通にスマホや携帯を使っているのを見かけます。

 

1,500人のために事業を展開しているということですが、普通に赤字なんじゃないでしょうか。

 

今回のサービス終了の理由は「防災無線のための通信というのは失敗の許されない分野であり、弊社の経営資源をこれに集中する」ということ。

 

やっぱり、ポケベル事業は赤字だったんだろうなあ。

 

販売しているかを調べてみましたが、ヤフオクなどでは売られているのを発見しました。

 

現在唯一の事業者である東京テレメッセージでは新規受付を停止、ポケベルの製造自体も20年前には終了していたそう。

 

ポケベルが欲しければヤフオクなどで手に入れるしかなさそうです。

 

 

まとめ

50年の歴史を持つポケベルが2019年9月にサービスが終了することが発表されました。

 

私はポケベルを使ったことがなく、父親が使っているのを見ていただけなのでそうなんだくらいにしか感じませんでした。

 

私たちの世代だとガラケーが終了するといったことと同じ感覚かもしれません。

 

そう考えるとなかなか寂しい気持ちになりますね。

 

ポケベルといったら「シュタインズ・ゲート」で出てきたのを見て思い出したのが最後だったような。

 

あの時もまた懐かしいものが出てきたな、と思っていました。

 

1つの時代が終了して、また新しい時代が始まるのですね。

 

 

Sponsored Link