2019年9月30日から放送が決まったNHK連続テレビ小説「スカーレット」。

 

ヒロインを戸田恵梨香さんが務めます。

 

戸田さんが演じるヒロインの川原喜美子が高度経済成長期に初の女性陶芸家となり、結婚・子育てを経験しながら波乱万丈の人生を送るといったあらすじです。

 

本作はオリジナルストーリーで特にモデルになった人物はいないとのことですが、作品に強く影響を与えている方が存在します。

 

その方は女性陶芸家の神山清子さん。

 

本作は、神山清子さんの手記がヒントになっているということでした。

 

スカーレットのあらすじを読んでも、神山清子さんの半生から影響を受けたと考えられる部分が多くあります。

 

というかあらすじと共通点がありすぎます(笑)

 

スカーレットのあらすじについては、こちらの記事を読んでみてくださいね。

⇒ 朝ドラスカーレットのあらすじや原作は?キャストやモデル、ロケ地も

 

今回は、朝ドラ「スカーレット」のヒロイン川原喜美子のモデル・神山清子さんの半生についてまとめていきます。

 

Sponsored Link

 

神山清子の半生は?

名前:神山清子(こうやまきよこ)

生年月日:1936年8月2日

出身地:長崎県佐世保市

職業:陶芸家

 

幼少時代は、父親の仕事の都合で九州、近畿などの各地を転々として、戦後の11歳の時に陶芸の里・信楽(現在の滋賀県甲賀市信楽町)に来ました。

 

地元の中学を卒業後、美術系大学に進学したかったそうですが、父親の許しが出ず和洋裁学校へ進学。

 

和洋裁学校卒業後は、陶器の絵付け助手として働き始めます。

 

陶芸家として独立したのは27歳のころ。

 

この当時は女性が窯場に入ると「けがれる」と言われ、窯焚きする女性はいなかったそうです。

 

そんな中、同業の陶芸家夫の反対さえも押し切って自ら作品作りをしています。

 

子ども2人に恵まれましたが、ある時夫の学が作品作りを手伝う女性と蒸発してしまい、神山さんは子ども2人を一人で育てることに。

 

貧しい生活を送ることになりましたが、自宅を工房として、自分独自の作品に挑戦し、試行錯誤の末に独自の焼成方法で「信楽自然釉(しぜんゆう)」作品を生み出しました。

 

余裕のない生活を送りながらも作品が認められ、子ども2人とも高校を卒業し、順調にいっているかのように思えましたが、息子の賢一が29歳の時に白血病にかかっていることが発覚します。

 

ドナー探しをしましたが、2年後に病状が悪化し残念ながら亡くなられました。

 

当時はまだ「骨髄バンク」はなく、これが神山さんが骨髄バンクの立ち上げに尽力した背景になります。

 

なんとも波乱万丈な人生を送られている神山さんですが、その半生は2005年に「火火(ひび)」という名前で映画化されています。

 

 

映画の中では、信楽焼と白血病、骨髄バンク設立のきっかけとなった普及活動が扱われています。

 

神山清子さんを演じる田中裕子さん、賢一さんを演じる窪塚俊介さんの熱演が見どころです。

 

見たことがない方はぜひ見てみてくださいね。

 

 

神山清子さんの陶房の「寸越窯」。

 

映画「火火」のロケ地でもあるということなので、今回の「スカーレット」でもロケ地として使われる可能性がありますね。

 

この「寸越窯」には仕事場や作品展示場、食器展示と販売室があるそうです。

 

気軽に見学ができて、神山さん本人の説明を受けることもできるそうですよ。

⇒ 信楽町観光協会

 

行ったことがある人の話を調べてみると、陶芸についての話はあまりされなくて、最近の話題についてがほとんどだったということでした(笑)

 

年齢が80歳を超えていらっしゃるので今気になる話をするといった感じでしょうか。

 

現在も本人の説明を受けられるかどうかは分かりませんので、立ち寄られる際は一度確認してから尋ねてみてくださいね。

 

Sponsored Link

 

スカーレットとの共通点は?

神山清子さんの半生について書いてきました。

 

仕事でも私生活でもドラマチックな人生を送られている神山さんですが、スカーレットのあらすじと共通点がいくつか出てきますね。

 

戸田さん扮(ふん)する主人公の喜美子は1937(昭和12)年、大阪で生まれた3人姉妹の長女。9歳で滋賀県の信楽に移り、働き者の女の子として幼い頃から一家を支える。地元の信楽焼に触れて育ち、やがて男性ばかりの陶芸の世界で女流陶芸家の草分けとして歩み始める。同業の夫と結婚すると、自分の窯を持ち、独自の信楽焼を生み出そうと奮闘。2児の母となる一方で、愛情を込めて多くの弟子たちを育てていく。陶芸にかける情熱は誰にも負けないが、細かいことにこだわらない、お人よしな性格で、周囲に頼られる。

引用:朝ドラ:来年秋からのヒロインは戸田恵梨香 女流陶芸家の人生描く「スカーレット」

 

このあらすじから分かる共通点を挙げていくと、

 

  • 幼少時に他の場所から信楽へ移り住む
  • 陶芸の世界で女流陶芸家の草分けとして歩み始める
  • 同業の夫と結婚
  • 自分の窯を持ち、独自の信楽焼を生み出そうと奮闘
  • 2児の母

 

もうほとんど一緒といっていいほど共通点があります。

 

この共通点を踏まえつつ、どれくらいオリジナルのストーリーになっているかが気になるところです。

 

夫の蒸発や息子の白血病による死といった部分もやるのでしょうか。

 

ただ、そこまでやると「火火」と似たような内容になりそうですよね。

 

演出などは変えるでしょうがやっぱり気になります。

 

 

まとめ

2019年後期のNHK朝ドラの「スカーレット」のモデルの神山清子さんの半生についてまとめました。

 

神山さんの半生と共通点が多くありそうなスカーレットですが、どれだけオリジナルの展開が待っているのかが楽しみですね。

 

今後の情報を楽しみに待ちましょう。

Sponsored Link