ウインタースポーツの定番といえばスキーやスノボを思い浮かべる人が多いでしょう。

 

ただ、スキーだとスキー板、スノボだとスノーボード板と持ち運びに大変苦労しますよね。

 

そこで、登場したウインタースポーツ「スノーフィート(Snow Feet)」。

 

これは普通の靴にアタッチメントを取り付けるだけで、雪上を滑れるようになるそうです。

 

今回は、この「スノーフィート」について紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

スノーフィートとは?

スノーフィートとはどういったものか、次の動画を見てください。

 

 

スキーやスノーボードよりも身軽なチェコ生まれのウインタースポーツです。

 

スノースケートやスキースケートとも呼ばれています。

 

動画のようにスケートのように雪上を滑ります。

 

これ、めちゃくちゃ楽しそうじゃないですか?

 

スキーやスノボも何回かはやったことがありますが、板の持ち運びが不便で何度もやろうって気にあまりならなかったんです。

 

それが、スノーフィートであればリュックに入れて持ち運ぶことも可能だから、スキーの時のように気合入れてスキー板とか持ち運ぶ必要がないですしね。

 

もっと気軽にウインタースポーツを楽しむことができそうです。

 

 

スノーフィートの最大の特徴が、普段の靴に装着できることです。

 

スノーフィート装着

 

かかとの後ろを製品に合わせて、2本のバックルでしめつけるだけで固定できます。

 

たったこれだけで装着できるので、装着と取り外しが一瞬で終了。

 

スキーやスノボをやっている人が取り外し作業をしている横でさっと外して移動することができます。

 

ちょっと気分いいですよね。

 

リフトに乗るときも板が邪魔にならなくて楽そうです。

 

リフト

 

Sponsored Link

 

スノーフィートの滑り方は難しい?

スノーフィートは基本的にスキーのように滑走を楽しみます。

 

ただ、スケートのような技も楽しむことができます。

 

スノーフィート技

 

動画の中で後ろ向きに上のようなポーズで滑っていて驚きました。

 

エッジを使って確実に停止可能だったり、ヒール部分を使ってスピードを落としたりという滑り方だそうです。

 

ただ、スキーやスノーボードに比べると、左右のバランスだけでなく前後のバランスまで加わって難しめとのこと。

 

なれるまでが大変そうですね。

 

慣れれば、というかうまい人であれば上のようなポーズで滑ったり、ターンやジャンプなど雪の斜面を自由に滑ることができるようになります。

 

動画のように滑れるようになると楽しいだろうなあ。

 

 

スノーフィートの販売値段は?

スノーフィート本体

 

気になるスノーフィートの値段はどれくらいでしょうか?

 

やってみたいとなっても、高くてはやりたくてもちょっと手が出ないですよね。

 

探してみたところ、だいたい3万円くらいで買えるようです。

⇒ 販売店はこちら

 

スキー板を買うよりは安いので、これくらいの値段ならやりたい気持ちの方が強くなりませんか。

 

予約が必要なところや購入できないところもあったので、手に入れたい方は早めに購入をした方がよさそうです。

 

Sponsored Link

 

スノーフィートの利用が可能な日本のスキー場は?

スノーフィートが実際にスキー場で使えるか気になりますよね。

 

調べてみたのですが、まだ新しいスポーツだからか調べた限りでスノーフィートについて記載があるスキー場はありませんでした。

 

「スノーフィート」を利用するにあたっては、事前にスキー場へ利用可否を問い合わせたほうがよさそうです。

 

 

まとめ

新しいウインタースポーツの「スノーフィート」。

 

持ち運びが便利で、付け外しも簡単。

 

スケートのように雪の斜面をすべっていく様はかなり楽しそうです。

 

これから日本でも流行っていくかもしれませんね。

Sponsored Link