とても驚きのニュースが入ってきました。

 

そのニュースとは福井県内の40歳代の男性僧侶が9月、僧衣を着て車を運転していたことを理由に、同県警に交通反則切符(青切符)を切られていたというニュースです。

 


「え、僧衣を着て運転って違反なの?」

 

と思う方も多いことと思います。

 

僧衣を着て原付やスクーターを運転しているお坊さんも時々見かけますよね。

 

それも違反なのでしょうか?

 

今回は疑問に思った僧衣を着ての運転は違反になるのかどうかについて調べてみました。

 

Sponsored Link

 

僧衣運転で青切符について報道詳細。青切符を切られた理由は?

福井県内の40歳代の男性僧侶が9月、僧衣を着て車を運転したことを理由に、同県警に交通反則切符(青切符)を切られていたことがわかった。県の規則が「運転操作に支障がある衣服」での運転を禁じているためだが、僧侶の多くは日常的に僧衣で運転しており、男性は「法事に行けない」と反則金の支払いを拒否。所属する宗派も反発する異例の事態になっている。

県警や男性の説明によると、9月16日午前10時過ぎ、福井市内の県道で、男性が軽乗用車を運転していたところ、取り締まり中の警察官に制止された。警察官は「その着物はだめです」と告げ、青切符を交付。違反内容は「運転に支障のある和服での運転」と記され、反則金6000円を納付するよう求められた。男性は法事に行く途中で、裾がひざ下までの僧衣を着ていた。20年前から僧衣で運転しているが、摘発は初めて。

男性に適用されたのは、福井県道路交通法施行細則にある「運転操作に支障を及ぼすおそれのある衣服を着用して車両を運転しないこと」との規定だ。

警察官は、男性が着ていた僧衣の袖や裾が運転に支障があると判断したとみられるが、県警交通指導課は「僧衣がすべて違反ではなく、状況による」と説明。基準は明確ではない。

引用:Yahoo!JAPANニュース

 

 

報道によると青切符を切られた理由は「運転操作に支障がある衣服」での運転。

 

僧侶の多くは日常的に僧衣で運転しているということから所属する宗派も反発する事態となっているようです。

 

県警の説明によると、僧侶は法事に行く途中で、裾がひざ下までの僧衣を着ていたことが理由とのこと。

 

僧侶は20年前から僧衣で運転しているが摘発は初めてだといいます。

 

それがなんで今更?とあなたも思いませんか。

 

裾がひざ下までの僧衣がだめなら、タイトなロングスカートを着ている女性も同じ理由で青切符を切られるということでしょうか。

 

僧衣を着たことがないのでどれくらい運転しにくいのか分からないので何とも言えませんが、ちょっとおかしいんじゃない?

 

もし草履や下駄を履いていたとかならまだ分からないでもないですが、そういうわけでもなさそうです。

 

摘発当時「運転操作に支障がある」状況だったのかも疑問です。

 

蛇行運転していたとかならアウトですがどうなんでしょうね。

 

これまで20年以上僧衣で運転していたということなので、それはないと思いますが。

 

Sponsored Link

 

僧衣を着ての運転が違反?

この度は僧侶が僧衣を着て運転したことにより、青切符を切られたようです。

 

そもそも僧衣を着て運転することは道路交通法に違反しているのでしょうか?

 

今回男性に適用されたのは、福井県道路交通法施行細則にある「運転操作に支障を及ぼすおそれのある衣服を着用して車両を運転しないこと」との規定。

 

この一文を読むと、確かに僧衣は運転しにくいかもしれないし、適用される可能性があるかもしれないなとちょっと思いました。

 

ただ、県警交通指導課によると「僧衣がすべて違反ではなく、状況による」と説明があり、基準は明確ではないとのこと。

 

これがおかしい。

 

僧衣がすべて違反ではなく、状況によるって「いったいどんな状況なら違反なの?」と言いたい。

 

もし基準が明確なら、僧侶の方たちもその基準に合った僧衣を着用することができますよね。

 

警察が状況により、各自の判断で取り締まることが問題なんだと思います。

 

今回の件が発端となって僧衣を着ての運転で摘発というニュースが増えてくることはないでしょうが、今後も起こらないとは限りません。

 

そうならないためにもあらかじめこういった格好はだめで、これなら大丈夫というような基準を発表しておいてほしいですよね。

 

あまりにも突然すぎるので僧侶の方たちのためにもぜひ基準を伝えてください。

 

Sponsored Link

 

ネットの反応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりお坊さんが僧衣を着て運転しているのはわりと見かける光景なので今更なんで?というような反応が多かったです。

 

基準があいまいなのがおかしいという意見も多いですね。

 

他にも実際のお坊さんたちによる反論も多いです。

 

僧衣を着ての運転はしづらそうと思っていましたが、そんなことはないようです。

 

 

まとめ

僧衣を着て車を運転していた僧侶が青切符を切られた今回のニュース。

 

これからも多くの反響がありそうです。

 

実際に摘発した警察の方は若い方だったのでしょうか。

 

今後どうなるか注目です。

 

【2019年1月27日追記】

福井県警は「証拠が不十分で、違反を認定できなかった」ということで、今回の反則切符を取り消し、書類送検しない方針を決めたようです。

Sponsored Link