三重県の魚介類販売店でカワハギに似た有毒魚「ソウシハギ」とみられる魚を売っでしまっていたことが話題になっています。

 

最悪の場合、死に至る可能性がある有毒物質を含んでいる魚です。

 

今のところ、食中毒の事例はありませんが危険な部位を持つ魚です。

 

今回は、このソウシハギについて毒をもつ部位やカワハギとの違いについて説明していきます。

 

Sponsored Link

 

ソウシハギのスーパーで誤販売報道の詳細

三重県大台町の魚介類販売店が、カワハギに似た有毒魚「ソウシハギ」とみられる魚3匹を誤って販売し、うち2匹が購入されていたことが12日分かった。1匹は、誰が買ったか特定できておらず、県は注意を呼び掛けている。健康被害の報告はない。

県によると、店は同町栃原にある「味彩館キッチン海ものがたり」。11日、三重県松阪市の市場で業者を通じ、カワハギとして3匹を仕入れた。同日午前10時~午後2時に2匹が売れた後、業者から「ソウシハギだったかもしれない」と連絡を受けた店が県に届け出た。

12日に特定できていない1匹の購入者とみられる人から店に連絡があったといい、県は確認を進めている。 ソウシハギによる食中毒の事例はないが、消化管や内臓に有毒物質パリトキシンを含む。パリトキシンによる食中毒は激しい筋肉痛や呼吸困難などの症状が現れ、死亡する場合もある。

引用:有毒魚「ソウシハギ」を誤って販売か・・・1匹の購入者特定できず

 

最近三重県で事件が立て続けに起こっていますね。

 

ガソリン混入した灯油の販売とか・・・

 

それは置いておいて、すでに1匹は回収できているようですが、いまだに1匹を誰が買ったか特定できていないというのが怖いですね。

 

 

県は注意を呼び掛けているということですが、テレビやラジオなんかでの呼びかけなのでしょうか?

 

年よりの方が購入されていて気づかずに食べてしまわないことを祈ります。

 

現時点で、なぜ猛毒を持つソウシハギが販売されてしまったのかは不明です。

 

仕入れ先が間違ったのもそうですが、今回のスーパーが仕入れた時点で見分けて欲しかったですよね。

 

お客が購入する際には、ラベルに「カワハギ」と書いてあったら、ぱっと見似ているので深く考えずに買ってしまいそうです。

 

仕入れ先だけでなく、購入する店でもしっかり気を付けて欲しいですね。

 

Sponsored Link

 

ソウシハギの毒や部位は?

ソウシハギの毒は「パリトキシン」です。

 

これはフグが持つ毒のテトロドトキシンの70倍の毒性があり、非常に危険です。

 

ソウシハギはこの危険なパリトキシンを消化管や肝臓などの内臓に蓄積していることがあります。

 

パリトキシンは、激しい筋肉痛や呼吸困難、けいれんなどの症状を引き起こし、死亡する場合もあります。

 

幸いこれまでパリトキシンによる食中毒事例はありません。

 

フグの毒の70倍もあるのにほとんど知れ渡っていないのは、食中毒事例がないことが大きいですね。

 

 

ソウシハギとカワハギの見分け方は?

 

ソウシハギ

 

ソウシハギの特徴は以下の2つ。

 

  • 体に青い波状の模様と斑点があること
  • 尾びれが長く大きいこと

 

毒々しすぎる見た目ですよね。

 

この見た目で食べようとは思わないな。

 

明らかに毒持ってそうな顔じゃないですか?

 

ソウシハギに似ている食用の魚として、同じカワハギの仲間のウマヅラハギやウスバハギがいます。

 

ウマヅラハギ

ウマヅラハギ

 

ウスバハギ

ウスバハギ

 

確かにぱっと見似ているように思います。

 

ただ、ソウシハギの特徴の青い波状の模様と斑点、長くて大きな尾びれというものはこちらにはないので、違いをしっかりと確認しておきたいですね。

 

Sponsored Link

 

ソウシハギは食べられる?

調べていて驚いたのがこのソウシハギを食べている地域もあるようです。

 

このソウシハギは絶対に食べないよう警告がされているところもあります。

 

ただ、内臓以外には毒が含まれないことから、沖縄県などで流通量は少ないながら食用とされていて、刺身や天ぷらなどで食べられているようです。

 

あくまで食べることを勧めているわけではありませんよ!

 

フグと同じで命を落とす危険があるということを十分にご理解ください。

 

実際に食べた人の感想を見てみると、そんなにおいしいというわけでもないようなので命の危険を冒してまで食べるものではないと思います。

 

絶対にマネしないでくださいね。

 

 

まとめ

三重県のスーパーで誤販売された「ソウシハギ」。

 

その毒や毒のある部位、見分け方について紹介してきました。

 

死に至る可能性のある毒を持つ魚なので、販売には十分気を付けて欲しいですね。

 

残りの1匹が何事もなく回収できることを祈っています。

Sponsored Link