「週刊SPA!」で「ヤレる女子大学生ランキング」というものが掲載されていました。

 

この記事がかなりの波紋を呼んでいます。

 

ランキングをめぐってネット上ではかなりの批判が相次いでいます。

 

今回は週刊SPA!の「ヤレる女子大学生ランキング」についてどの大学がランクインしたのか、その理由、批判から反対署名に発展したことなど調べたので紹介します。

 

Sponsored Link

 

ヤレる女子大学生ランキングの学校はどこ?

この記事は2018年12月25号の週刊SPA!で取り上げられたものです。

 

「ヤレる『ギャラ飲み』実況中継」という特集です。

 

この内容は、男性が女性の飲食代を負担し、小遣いまで渡す「ギャラ飲み」が流行っていることを紹介するものでした。

 

その中で、ギャラ飲みの後にヤレるという女子大学生をランキング付けしたものが問題となっています。

 

それではこの「ヤレる女子大学生RANKING」の結果はどういったものだったのでしょうか?

 

該当した大学は以下のようです。

 

女子大学生ランキング

 

  1. 実践女子大学
  2. 大妻女子大学
  3. フェリス女学院大学
  4. 法政大学
  5. 中央大学

 

どの大学も名前を聞いたことがある有名な大学ばかりでした。

 

ヤレるタイプかどうかの服装についても言及がありました。

 

前髪重めのセミロングで、肩に透け感のあるレース素材の服、または一見清楚に見えるモノトーン系のコは、打率が高いです。

肩を露出させたオフショルダーや、ニット素材のタイトワンピースも狙い目でしょうね。

引用:週刊SPA!

 

それにしてもこんなランキングってどうやって決めているのでしょう?

 

いったいどれだけの女子大学生がいるのかって話ですよ。

 

このランキングを決めた人が出会った子が、たまたまその大学だっただけかもしれません。

 

大学には多くの人が通っているので、数人がそうだったから全員がそうだと言い切るのはほんとおかしいですよね。

 

ランク付けをしたのはギャラ飲みサービス「ライオンプロジェクト」を運営する五十君圭治という方だそうです。

 

いったい何を根拠にこのようにランクを付けたのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

ヤレる女子大学生ランキングの理由は?

五十君圭治さんがランク付けをしたということが分かりましたが、どのような理由でランク付けをしたのでしょうか?

 

それも週刊スパの記事内に書いてありました。

 

キャンパスが渋谷にあって遊んでいるコが多い実践女子大学、

男ウケの良さを磨いている大妻女子大学、

横浜方面に住んでいて終電が早いフェリス女子学院大学あたりは、

ヤレる率が高いと見てよいでしょう。

大企業を狙えるか狙えないかの中間に位置するMARCHのなかでも、

特に法政大学は就活相談で仲良くなれるチャンスが多いですね。

中央大学はキャンパスが遠いので、都内へ出て”遊んで帰る”マインドのコをよく見かけます。

引用:週刊SPA!

 

これが理由だそうです。

 

これはなかなかひどい。

 

キャンパスが渋谷にあるからとか横浜方面に住んでいるから終電が早いとかね。

 

それってどうなの?

 

この大学だからそういうコが多いという理由にしてはこじつけが過ぎるでしょう。

 

そもそも大学でランキングを付けるのがおかしいですね。

 

様々な方面から批判がくるのも分かります。

 

Sponsored Link

 

ヤレる女子大学生ランキングに対する署名運動

今回の記事はネット上でかなりの批判を浴びています。

 

女性軽視だと署名にまで発展。

 

出版取り下げの署名運動のサイト「Change.org」では、呼びかけに対して賛同する声が1月8日時点で28,000人を超えています。

 

読みかけを開始した発信者の動画はこちらです。

 

 

「女性を軽視した出版を取り下げて謝ってください」と問題の記事の撤回と謝罪を要求しています。

 

また、今後週刊誌及び出版社による女性の差別用語や軽視する発言を一切やめるようにという内容も署名に盛り込んでいます。

 

こういった行動を起こしていかないと今後もずっと続いていきそうな話ですよね。

 

今回の動きが今後の変化につながるきっかけになればいいと思います。

 

 

週刊SPA!の謝罪は?

週刊SPA!(扶桑社)は2019年1月7日J-CASTニュースの取材に対し、謝罪のコメントを出しました。

 

『より親密になれる』『親密になりやすい』と表記すべき点を読者に訴求したいがために扇情的な表現を行ってしまったこと、(マッチングサービス)運営者の体感に基づくデータを実名でランキング化したこと、購読してくださった読者の皆様の気分を害する可能性のある特集になってしまったことはお詫びしたいと思います

引用:J-CASTニュース

 

今回の記事は「ヤレる」なんて表現にしてしまったのが問題でしたね。

 

あまりに扇情的な表現すぎます。

 

記事の目を引くためとはいえやりすぎでしたね。

 

「より親密になれる」「親密になりやすい」なら問題ないと思いますが、記事の中身が変わらなかったら結局意味がありません。

 

Sponsored Link

 

ネットの反応

 

 

 

 

 

 

 

 

当たり前というか批判の声しか出てきませんね。

 

誰も擁護できませんよ。

 

本当にどういった経緯でゴーが出たのか分かりません。

 

 

まとめ

週刊スパが掲載した「ヤレる女子大学生ランキング」について紹介してきました。

 

女性軽視として様々な動きが出てきています。

 

署名運動に加え、掲載された大学の中にも出版社に対し抗議を検討中というところもあるようです。

 

掲載された大学に通う大学生もそうですが、その大学に子どもを通わせる親にとっても今回の記事は驚きだったと思います。

 

こんな風に記事にされても黙認するような大学には安心して子どもを通わせることはできないですよね。

 

今回の記事は女性軽視に対する問題が浮き出たものになりました。

 

今後の動向に注目です。

Sponsored Link