嵐の活動休止の緊急記者会見で嵐に対して「無責任じゃないか」と発言したことで炎上している記者がいます。

 

誰もそのようなことを思っていないですし、不快に思った方が多くいたようです。

 

私も記者会見を見ていてそう思いましたし、ネットでも批判の声が多く上がっていました。

 

今回はそんな嵐に対して「無責任」と発言をした記者について調べてみました。

 

Sponsored Link

 

嵐に対して無責任と発言した記者は鈴木孝?顔画像は?

 

記者会見の様子です。

 

記者の質問内容は以下のとおり。

 

お疲れ様でした、と言う声も多々あると思う一方で(半笑い)、やっぱり無責任じゃないかという指摘もあると思うんです

 

この半笑いがまたイラっと来ます。

 

さらに、

 

「大野さんが、まあ、この決断の矢面に立つというか、あのお、もう悪者にされちゃう可能性もあると思うんですけれども、

 

他のメンバーの方がこの決断をしたときに、その、大野さんが言ったからというので決めたっていうんじゃなくて、

 

なんか自分の中でも実はちょっと区切りつけたかったみたいなことってないんでしょうかっていう」

 

悪者にされちゃうっていうかこの記者が大野さんを悪者にしようとしていますよね。

 

この会見を見た人のほとんどがそう思ったのではないでしょうか。

 

誰も大野さんのことを無責任だなんて思っていません。

 

記者会見を受けてすぐに記者特定の動きが出ていました。

 

ほどなくして特定された記者の名前は「鈴木孝」記者。

 

 

 

 

会見で写された映像から現在候補に挙がっているのは鈴木孝記者のようです。

 

【追記】

今回鈴木孝記者が「無責任」発言をしたと言われていたのは、会見で映された映像が元でしたが、実際には鈴木孝記者の発言ではありませんでした。

 

「無責任」発言をした本当の記者はスポニチのクワバラ記者。

⇒ 嵐を無責任と発言した記者はスポニチクワバラ記者!鈴木孝記者はデマ!

 

ミスターサンデーの映像では記者の名前はカットされていたようです。

 

Sponsored Link

 

鈴木孝とは?ミスターサンデーのディレクター?

鈴木孝記者はミスターサンデーのディレクターのようです。

 

それと同時に有限会社クロスロードの代表取締役でもあるそうです。

 

「おもしろい を まじめに考える」

 

ホームページに飛ぶと最初に出てきます。

 

代表挨拶の最後に鈴木カッパ(鈴木孝)とあり、鈴木カッパという名前でツイッターをやっていたようです。

 

 

2018年6月6日のツイートを最後に更新されていません。

 

 

鈴木孝記者は過去にも炎上事件が・・・

今回炎上している鈴木孝記者ですが、過去にもおかしな発言をして炎上していました。

 

その事件は2018年6月9日に走行中の東海道新幹線のぞみ265号の車内で、刃物を持った男が乗客男女3名を刺殺した事件でした。

 

この事件を中継した鈴木孝ディレクター。

 

その事件で女性が襲われているのを止めて亡くなった男性がいます。

 

その方に対する鈴木孝記者の発言に批判が殺到しました。

 

「今、警察は2つの見方をしています。

 

梅田さん(被害者男性)が立ち向かったおかげで多くの乗客の命が助かった、救われたという見方。

 

梅田さんが立ち向かって容疑者を刺激して結果として最悪の結果を招いてしまった、

 

こうした2つの見方を慎重に検討しながら捜査をしている状況です」

 

こんな発言をされていました。

 

これを受けて、

 

 

 

完全に言う必要がないことを言ってしまうような方です。

 

被害者の気持ちを完全に無視した発言です。

 

Sponsored Link

嵐への無責任発言に対するネットの反応は?

 

 

 

 

 

 

無責任発言は許せないという方が非常に多かったです。

 

 

まとめ

嵐の記者会見で嵐に対して「無責任じゃないか?」と発言した記者は鈴木孝記者が候補に挙がっています。

 

過去にも失言による炎上をしていることからも候補に挙がったようです。

 

視聴者に対する不快な発言はできるだけ控えてもらいたいものですね。

 

【追記】

嵐に対して「無責任」発言をしたのは鈴木孝記者ではなく、スポニチのクワバラ記者ということが分かりました。

⇒ 嵐を無責任と発言した記者はスポニチクワバラ記者!鈴木孝記者はデマ!

Sponsored Link