中村勘九郎さんと阿部サダヲさんがダブル主演のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」がとうとう始まりましたね。

 

この中で登場した「天狗倶楽部」が話題になっています。

 

天狗倶楽部は実在した日本最初のスポーツ同好会と言われています。

 

ナレーションでは「明治の世に、こんなにうざくてチャラい輩がいるわけないと思うでしょうが、残念ながら実在したんです」と紹介された天狗倶楽部。

 

インテリ集団でありながらも昼間から酒を飲み、「我らはスポーツを愛し、スポーツに愛され、ただ純粋にスポーツを楽しむために活動する元気の権化T!N!G!天狗倶楽部!」と宣言。

 

さらに一同上半身裸になり、「TNG!TNG!てんぐ!てんぐ!てんてんぐ!ててんのぐ!」「奮えー!震えー!て!ん!ぐ!」と踊り始めます。

 

かなりの盛り上がりを見せました。

 

いやあ、ほんと体育会系のノリでした。

 

このころからすでにあったというか、これが引き継がれてきているのかと思ってしまいますね。

 

今回はこの天狗倶楽部がどういった集まりだったのかについて紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

天狗倶楽部とは?

天狗倶楽部は武井壮さんが演じる冒険小説家の「押川春浪(しゅんろう)」が結成した倶楽部です。

 

どのように結成されたかはあいまいで、押川春浪を中心に様々なメンバーが集まり、野球の試合が行われたのが始まりと言われています。

 

初めはただスポーツを楽しむために集まった集団だったので、特に名前はなく「文士チーム」などと呼ばれていました。

 

その後、羽田球場でのやまと新聞チームと試合を行った時に、この試合を報じた萬朝報が「天狗チーム」と呼んだことで「天狗倶楽部」となりました。

 

天狗倶楽部の活動内容は、野球が中心でしたが、相撲、テニス、柔道、陸上競技、ボート競技など多岐にわたっています。

 

スポーツ好きの集まりの天狗倶楽部ですが、メンバーが一番多い時は約100人も参加していたようです。

 

これだけ多くの人が参加していればいろいろなスポーツが行われるのも納得です。

 

それぞれが好きなスポーツを楽しんだのでしょう。

 

天狗倶楽部はスポーツ好きの集まりと書きましたが、押川春浪を慕って集まったようなもので、押川春浪の人気がうかがえますね。

 

当時の若者への人気は夏目漱石に並ぶほどだったというから驚きです

 

いだてん第一回に登場した天狗倶楽部。

 

その中で着用されていたユニフォームのワッペン。

 

TNGの文字が書かれていますが、このデザインは本当にあったものだと公式からコメントがありました。

 

 

当時から言葉を省略してローマ字で表す文化があったのは驚きですね。

 

Sponsored Link

 

天狗倶楽部の創設者の押川春浪とは?

天狗倶楽部創設者の武井壮さん演じる押川春浪。

 

スポーツをこよなく愛しますが、とくに野球が好きだったようです。

 

明治学院に入学したものの、野球に熱中しすぎて2年続けて落第するというからかなりの熱の入れようでした。

 

他にも学生時代は数々の問題行動を起こしていたようです。

 

これくらいの方が人を惹き付けるなにかがあるのでしょうか?

 

各種競技に精通する一方、人気雑誌「冒険世界」などで主筆を務め、「日本SF小説の祖」と称されます。

 

冒険世界では多くの冒険小説が掲載され、このころから冒険小説ブームとも言える時代を作り出しました。

 

押川春浪は、1911年(明治44年)にストックホルムオリンピックの予選大会を開催し、日本初のオリンピック選手の生田斗真さん演じる三島弥彦、中村勘九郎さん演じる金栗四三を送りだしました。

 

 

天狗倶楽部のメンバーは?

天狗倶楽部のメンバーは文芸評論家や新聞記者、政治家など様々な分野の方々が集まっています。

 

満島真之介さん演じる吉岡信敬(しんけい)は天狗倶楽部の名物男で、全国各地で熱心に応援活動を繰り広げ、「ヤジ将軍」とあだ名をつけられました。

 

日本最初の応援団長として東京で知らない人はいなかったとか。

 

近藤公園さんが演じる中沢臨川(りんせん)は天狗倶楽部の頭脳派にして工学博士。

 

勤めている鉄道会社のツテを使って会社が所有する羽田の土地に、日本最初の本格的な陸上グラウンドを建設。

 

そのほか、早稲田大学野球部の関係者も多く関わっていたようですね。

 

天狗倶楽部のメンバーの中でもプロ野球の創生に大きくかかわったメンバーもいます。

 

押川春浪の弟の押川清河野安通志(こうのあつし)、「学生野球の父」と呼ばれた飛田穂洲(とびたすいしゅう)

 

社会人野球に大きく貢献した橋戸頑鉄(はしとがんてつ)、スポーツ評論の草分けである太田茂(おおたしげる)

 

この5人は日本野球の歴史に大きくかかわっていて、野球殿堂入りをしています。

 

1914年に押川春浪が38歳の若さで病死してからは活動は弱まり、1930年代に天狗倶楽部は自然消滅してしまいましたが、スポーツ振興に果たした役割は大きかったと言えます。

 

 

いだてんのロケ地は?

天狗倶楽部が大騒ぎしていた場所。

 

このロケ地はどこだったのでしょうか。

 

これも判明していて、三重県桑名市の六華苑です。

 

 

上のツイートで教えてくれていました。

 

映画のロケに使用されることも多いようで、大正2年に建築された国指定の重要文化財とのことです。

 

現在は桑名市が所有し、一般公開されているようです。

 

近くに住んでいる方は一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 

Sponsored Link

ネットの反応

 

 

 

 

 

 

 

 

なんというかやっぱりインパクトありましたよね。

 

ツイッターでもトレンド入りするくらい反響があったので第一話はつかみOKだったと思います。

 

 

まとめ

いだてんに登場した天狗倶楽部について紹介してきました。

 

スポーツをこよなく愛する押川春浪が結成したスポーツ同好会で、多くのメンバーが所属していました。

 

メンバーそれぞれに豪快なエピソードが多い天狗倶楽部です。

 

今後天狗倶楽部のメンバーのどういったエピソードが披露されるかを見るのも、いだてんの楽しみの一つになりそうです。

Sponsored Link