2018年11月14日に日本でサービスが開始された「YouTube Premium」。

 

月額料金1,180円のサービスで「広告なし」「バックグラウンド再生」などの便利な機能を受け取ることができます。

 

昔は無料でできていた機能だよな・・・というのは気にしてはいけません。

 

こういうのは仕方がないことなのです。

 

月額料金が高いか低いかは今回は置いておくとして、気になるのは「YouTubePremiumが始まるとユーチューバの広告収入は減るのか?」というところ。

 

ヒカキンさんなどの人気ユーチューバーにあこがれてユーチューバーになりたいという人がかなり増えてきていますし、ユーチューバーは動画の広告収入で利益を得ていると知っている人も増えてきています。

 

YouTubePremiumが始まり、多くの人が加入して広告が表示されなくなると、ユーチューバーの収入がガクッと下がってしまうのではと考えますよね。

 

今回は、そんな疑問について調べてみました。

 

Sponsored Link

 

YouTubePremiumの収入の仕組みは?

これまでユーチューバーはYouTubeの広告収入によって成り立っていました。

 

YouTubePremiumがスタートし、広告が表示されなくなったらユーチューバーの収入はなくなってしまうのでしょうか。

 

収入がなくなるということはなくって、YouTubePremiumは既存の広告収入に加えて、ユーチューバーの2つ目の収益源となります、と公式ヘルプに記載があります。

 

なので、広告収入が仮にまったくなくなったとしても、収入を得ることができます。

 

広告収入がなくなるなんてことはまずないと思いますが。

 

どれくらいの人がYouTubePremiumに加入するか今の段階ではまったく分かりませんよね。

 

私としては、あまり多くの人は加入しないと考えています。

 

バックグラウンド再生は便利ですが、無料で見れるから動画を見るのであってお金を払ってまで見るという人は多くないと思います。

 

YouTubeのヘビーユーザーなら申し込んでも損はないでしょうけどね。

 

話を戻して、YouTubePremiumではどのように収益が入るのか見ていきましょう。

 

公式ヘルプをみると、「YouTubePremiumの月額料金をクリエイターに分配し、しかも、動画の視聴回数が多ければ、その動画の作成者に分配される金額も大きくなる」「YouTubePremiumの料金から得られる新しい収益は、YouTubePremiumユーザーによるコンテンツの再生時間に基づいて分配される」と記載があります。

 

つまり、動画の視聴回数、再生時間をもとに収益が決まると考えてよいでしょう。

 

これまでの広告がどれだけ再生されたか、クリックされたかではなく、動画の視聴回数、再生時間が収入になるということなので、よりよいコンテンツを作成すればそれだけ収入が増えることにつながりますね。

 

気になるのは視聴回数、再生時間あたりの単価ですが、それについては記載されていませんでした。

 

ユーチューバーの収入が増えるのか減るのかはそれ次第ってところがあります。

 

人気のユーチューバーなら視聴回数が多く、再生時間も長いと考えられるので収入はむしろ増えるかもしれません。

 

そうでなければ、広告収入が減った分を補うことが出来ず、収入が減ることも考えられます。

 

なので、収入が増えるか減るかはそのユーチューバーのコンテンツ次第と考えられます。

 

Sponsored Link

 

YouTubeの広告収入の仕組みは?

ここまでYouTubePremiumの収入の仕組みについて解説してきましたが、参考に通常のYouTubeの広告収入の仕組みについても説明しておきます。

 

YouTubeで収入を得るためには審査に合格する必要があります。

 

まずは、この審査について書いていきます。

 

 

YouTubeのパートナープログラムの審査とは?

この審査は基本的に誰でも申し込むことはできます。

 

なんですけれども、申し込むための前提条件がかなり厳しい。

 

どなたでも申し込むことはできる、なんて書いてあるけど条件をみたすことが出来る人はかなり少ないと思われます。

 

その条件は次のとおり。

 

チャンネルの過去12か月間の総再生時間が4,000時間、チャンネル登録者が1,000人。

 

これを超えることができたら、ようやく審査に入ってもらえます。

 

この条件をみたすと、審査が開始され、チャンネルのコンテンツが「YouTubeのパートナープログラムのポリシー、YouTubeの利用規約、YouTubeのスパムポリシー、YouTubeのコミュニティガイドライン」を順守しているかが確認されます。

 

この審査に合格できて初めて広告収入を得ることができるのです。

 

ほんと厳しいですね。

 

これまでだれでも広告収入をえることができていたのが、2018年1月16日に先ほどの新しい資格要件が発表され、それまで広告収入を得ていた人でも、この条件を満たしていなければ広告収入を得ることが出来なくなりました。

 

なかなか厳しいと思いますが、数千円やそれ以下の支払いまで対応するのが作業量やコスト面に見合わないというのが理由の1つにあるかなと思います。

 

機械的にやっているとは思いますが、膨大な数の方が広告収入を得るために登録していれば、それを管理するのはかなりの時間を取られるでしょう。

 

ただ、悪意のあるユーザーがシステムやクリエイターに損害を与えることができないようにするため、という記載が公式ヘルプにあります。

 

 

YouTubeの広告の種類と収益発生のタイミングは?

YouTubeの動画に表示される広告は主に以下の4種類。

 

  • ディスプレイ広告
  • オーバーレイ広告
  • スキップ可能な動画広告
  • スキップ不可な動画広告

 

それぞれ見ていきましょう。

 

 

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告

表示場所は動画の右上の赤枠の部分。

 

PCのみの表示です。

 

収益発生のタイミングは、視聴者が広告を視聴したとき、広告がクリックされたときです。

 

Sponsored Link

 

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告

表示は動画内の赤枠の部分。

 

PCのみの表示です。

 

収益発生のタイミングは、広告がクリックされたときです。

 

 

スキップ可能な動画広告

スキップ可能な動画広告

表示は動画全体に表示されます。

 

5秒後にスキップ可能です。

 

最初、再生中、動画終了後に表示されます。

 

PCだけでなく、端末の種類を問わず収益が発生するのはこの広告のみとなります。

 

収益発生のタイミングは、表示された動画の左下にある広告リンクがクリックされるか、視聴者が広告を30秒間視聴したとき(30秒未満の広告は最後まで視聴したとき)です。

 

 

スキップ不可の動画広告

スキップ不可の動画広告

表示は動画全体に表示され、15~20秒(最長30秒)の動画が流れます(PCまたはモバイル端末のみ)。

 

最初、再生中、動画終了後に表示されます。

 

収益発生のタイミングは、表示された動画の左下にある広告リンクがクリックされるか、視聴者が広告を30秒間視聴したとき(30秒未満の広告は最後まで視聴したとき)です。

 

 

まとめ

YouTubePremiumのサービス開始により広告表示がなくなります。

 

広告表示がなくなることで、広告収入は減りますが、代わりにYouTubePremiumでも収入を得ることができるようになります。

 

YouTubePremiumは、視聴回数、再生時間によって収益が決まるようです。

 

ユーチューバーの方の収入が増えるか減るかは、コンテンツの中身次第と考えます。

Sponsored Link